家督相続はなくなったものである。

契約書を読む二人

相続で争うことの発端は、昔ながらの家督相続を長男が勘違いして独占することがよくあります。これに反発して、女兄弟がこぞって争いを激化させていき、収拾がつかなくなります。このように一方的な勘違いから、独断で事を進めていくことだけは避けなければなりません。現代の法律では平等に分割していくことが定められているからです。しかも男女平等が特に重視される世の中ですから、差別のないような配慮は最低限必要です。長兄であっても末弟であっても、同等の権利を有していることをしっかりと自覚するべきでしょう。少し法律をかじったことのある人ならば、ちょっとした手落ちをつかれて、余計に問題をこじらせてしまうことにもなりかねません。

被相続人の手元にあるめぼしい現金だけに注目していると、あとで大きな負債が見つかることもあるので、プラスの財産とマイナスの相続財産の調査と把握は生前管理していた人や、いない場合は周囲の人が、しっかりと行うべきです。また相続放棄をしたときに次の順位者として請求がされそうな親族に対しては、あらかじめ知らせておくことが最低限のマナーだと思います。疎遠の親戚の負債の話が、急に飛び込んで来たら受け取った方はびっくりしてしまいます。迷惑をかけるならば、それなりの挨拶はしておくべきです。相続放棄は、あとで気づいても知らなかった場合には、そこから起算されることが多いので、自分であきらめずに家庭裁判所に相談に出向くことが大事です。

メリットを知る

「過払い金を取り戻したい」と考える場合、個人でも請求することはできますが、法律事務所に依頼した方が多くのメリットを受けられます。そのメリットについて紹介しています。

Read more

建物を経営してた場合

遺産相続には金銭だけでなく、亡くなった人が経営していた建物も相続の対象になるのでどうするかを話し合う必要があります。建物の相続に関することについて見ていきます。

Read more

相談の内容

今現在、裁判離婚と協議離婚の比率を比べると、圧倒的に多いのが後者です。そういうわけで、法律事務所などの離婚相談を利用するという人たちの多くが、競技内容についての相談を持ちかけているというのが現状です。

Read more

問題をスムーズに解決

現在、弁護士に相談し離婚の手続きを行なう人が多くいます。以前ではパートナー同士が話し合うことが多くありましたが、専門の知識がある弁護士を通して話を進めることで、スムーズに協議や手続きを行なうことができます。

Read more